グランヴィル 花の幻想

今日はずっと家にこもって曲作りと読書でした。 「グランヴィル 花の幻想」 J. J. グランヴィル画、タクシル・ドロール著 去年読んだ「世界の美しい本」に載っていた1847年に最初にフランスで出版された本。 妖精の庭の花たちが人間の姿になりたいと言い出し、それぞれの花が人間の姿になってからの物語で構成されています。 で…
コメント:0

続きを読むread more