世界の美しいボタン

エリック・エベール「世界の美しいボタン」

アンティークボタンの写真集。
著者がフランス人で、さすがファッションの国らしいフランスのものが多いです。
古いものは18世紀に作られたボタン。
ガラスや陶器で出来ていて、美しい絵がつけてあって単に服を留めるボタンというよりももはや宝飾品。
綺麗な形や色のものが載っていて見ていて楽しいです。

ガラスボタンといえばチェコ製のものが有名で、今では服のボタンというよりもアクセサリーの部品としても使われているようです。
私も東欧アンティークの蚤の市みたいなところでガラスボタンを買って、髪を結ぶゴムをつけて使っています。(フルーツの絵がついたボタン)
写真の上側の花柄の布を被せたボタンがついたゴムは実家の近くの道の駅で買ったもの。
IMG_9793.jpg

手芸が好きな人はボタンにもこだわっていろんなものを作るんでしょうが、既製品の服を買うときにあまりボタンのデザインまで気にすることはないですね(^^;

チェコのガラスボタン
http://6mio.com/

薩摩ボタン
江戸末期に作られた陶磁器のボタン。
ジャポニズムが流行していたヨーロッパで日本の芸術品としてもてはやされた。
http://www.satsumabuttons.jp/

日本橋にあるボタンの博物館
http://www.iris.co.jp/muse/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント