Orimuh武勇伝

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪の教典

<<   作成日時 : 2017/05/08 22:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

貴志祐介「悪の教典」

旅行前に上巻を読み終わって下巻を旅行に持って行ったのにほとんど読む時間がなかったけど、帰りの飛行機の中で一気に読み終わった。
後半はただひたすら殺戮の場面でじっくり読むほどでもないから(汗)

・・・というわけで大量殺人を実行するサイコの話です。
表面は女子生徒の親衛隊がいるほどの人気の英語教師、実際は共感性・感情が欠如した超残酷なサイコキラーという蓮実聖司。
頭が良すぎて(?)とにかくなんでも完璧に悪事を働く。
女子生徒に手を出したり、モンスターペアレントの家に放火したり、邪魔だと思う他の教師を脅迫したり、事故を起こさせたり、ついには殺人まで・・・。
そして担当クラスの生徒全員を殺すという凶行に及ぶ。
なんかあまりにも簡単にバタバタ殺されて行って(後半はこの場面ばっかり)残酷で罪のない生徒がかわいそうなはずなのに、こっちの感覚が麻痺してしまう。

アメリカ留学・就職経験のある蓮実がやたら英語のことわざや慣用句を交えて話すのが鼻につくというか、あまりに辞書からの引用っぽすぎてむしろ語学堪能な人に思えない(苦笑)
「淫行教師」の英訳なんてa teacher who performed an immoral sexual actじゃなくてfuckin' dirty teacherでいいじゃん(爆)
それとDream Theaterのコピーバンドをやっているという「高校生にしてはプロレベルでロックシーンに殴り込みをかけるほどの超絶技巧」という生徒の場面があまりに青春漫画並みにクサすぎて読んでいて恥ずかしかった(苦笑)

まあアメリカのホラー映画にありそうな話ですが、最後は「精神鑑定で無罪になる可能性」を匂わせてるんでしょうか・・・
あれだけ計画的に大量殺人やって死刑にならなかったら、ほんと狂ったもの勝ちじゃないか(汗)

映画になっているそうですが、残酷な血みどろシーンしか見どころ(?)がないのでは・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
悪の教典 Orimuh武勇伝/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる