テーマ:映画

アンフォゲッタブル

週末に見た映画。 「アンフォゲッタブル」(2017年アメリカ) DV男と別れたジュリアは子持ちのバツイチ男と同棲することになる。 親権は男の方にあるので、元妻がしょっちゅう娘に会いに来ては色々と干渉してくる。 ジュリアと元夫が結婚することを知った元妻はさらに嫉妬し、ジュリアのスマホを盗み、Facebookのなりすましアカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウォルター少年と、夏の休日

近所に買い物に行くくらいしか出かけられないので、撮りためた映画を見てます。 「ウォルター少年と、夏の休日」(2003年アメリカ) 遺産を狙う母親に無理やり大おじさん二人の家に預けられたウォルター少年。 ウォルターはじいさん達と打ち解けていくうちに若い頃の武勇伝を聞かせられる。 ヨーロッパに旅に出て、フランスの外人部隊に入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時をかける少女

今日は暖かくてお出かけ日和ではありましたが、近所で日常の食品や日用品の買い出しだけ済ませました。今週末も外出自粛要請出てるんですよね?商店街も駅の近くの商業施設も普通に人が多かったです・・・ 先週見た映画。「時をかける少女」(1983年) 大林宣彦監督の「尾道三部作」の1つですね。尾道は地元から近いので馴染みがある場所ですが、古い映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローズの秘密の頁

先週末に見た映画。 「ローズの秘密の頁(ページ)」(2016年アイルランド) なんの予備知識もなく見始めて、イギリスの映画?と思ったらアイルランドでした。 映像が美しい。ちょっと雰囲気がドラマの「刑事モース」に似てる。 1940年代の戦時中から50年間精神病院に入っている老女。 病院が閉鎖され、他の施設に移される前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハード・ターゲット

週末引きこもり中に見た映画。 「ハード・ターゲット」(1993年アメリカ) 昔見たことがあった。ジャン・クロード・ヴァン・ダムのアクション映画。 テレビでやってる吹き替えで見るとヴァン・ダムもスティーヴン・セガールも大塚明夫が担当してて、先日この方がラジオに出て喋ってるのを聞いたら「セガールだー」と思ってしまったのでした(笑)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イエスタデイ

最近公開されていた同名のBeatlesもの映画とは違うやつ。 「イエスタデイ」(2014年ノルウェー) 日本ではちょっと珍しいノルウェー映画。 1960年代、 Beatlesに憧れる4人の少年たち。 Beatlesの曲がたくさんサントラに使われて、バンド活動に勤しんで・・・というわけでもなく(実際に曲は流れますが)、実際にバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アバウト・ア・ボーイ

イギリス映画。 「アバウト・ア・ボーイ」(2002年イギリス) 「38にもなって定職もまともな恋人もなく、そんな生き方何の意味があるの?」と妹夫婦に言われるウィルは父親の印税収入で生活し、ブラブラしている。 シングルマザーと付き合い、子供好きでもないのに「良い人」を演じ、それも面倒になったので別れようとするが、これまで女に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイガー・サンクション

70年代の映画。 「アイガー・サンクション」(1975年アメリカ) クリント・イーストウッドの映画。 美術の教授で有名な美術品のコレクター、登山家で元スパイ・殺し屋というなんだかとんでもない設定の主人公。 スパイの殺し合いとかのシーンはあまり印象に残らず、登山シーンがCGじゃないので本物の迫力。 グランドキャニオンの細長い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベニスに死す

つまんないなーと倍速で見てしまった・・・ 「ベニスに死す」(1971年イタリア・フランス) 作曲家のグスタフは静養で訪れたイタリアのリゾートホテルで美少年を見つける。 美少年を目で追うおっさんの場面ばっかりなのでなんじゃこりゃと思った・・・ 友人と芸術や美について議論する回想シーンが出てきて、いやらしい目(?)で見ているので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沈黙の要塞

このご時世にB級映画のことを日記に書いてたら不謹慎と言われますかねえ・・・ しかも仕事は普通に忙しいので暇で映画見てるわけでもないです。 「沈黙の要塞」(1994年アメリカ) 昔見たことがあったスティーヴン・セガールの映画。 沈黙のなんたらっていう邦題が付けられた映画はたくさんあるけど、結局「沈黙の戦艦」以外はB級・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忠臣蔵

忠臣蔵って昔はよく年末にドラマやってましたよね・・・ 裾の長い袴姿で「殿中でござる!」っていうのはコントでパロディにされたりもしますが、そもそも忠臣蔵はちゃんと見たことがなかった(^^; BSでやってたので録画して見ました。 「忠臣蔵」(1958年日本) 映画も何回も作られていますが、これは1958年のやつ。前編と後編に分か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・ファーム

別に出かけるのを自粛したいわけではなく、音楽教室も休み、セッションや知り合いのライヴも中止、美術館などの施設も休館、図書館も月曜から月末まで休館となったらあまり出かける理由もなくなります。 そのぶん家で色々作業しろということなんですが。一人でデモ音源作ったりするよりはスタジオで音出したいんですけどね。(これは別にウイルス感染が怖くてや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リメンバー・ミー

ディズニーアニメ映画。 「リメンバー・ミー」(2017年アメリカ) メキシコの靴職人の家族の少年ミゲルは音楽が好きだが、家族からは音楽を禁止されている。 曾々祖父が家族を捨てたミュージシャンだったかららしい。 「死者の日」(お盆みたいなもの)に祭壇に飾るご先祖の写真も曾々祖父の顔が破られていて家族のタブーにされている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダブル/フェイス

なんかB級だったサスペンス映画。 「ダブル/フェイス」(2017年カナダ) 代理母出産をめぐる女の戦い。 流産を繰り返した過去があるアンジェラはベビーシッターに雇った友達のケイティに代理母になってもらって二人目の子供を作る。 代理母出産って日本では認められてないんだっけか?アメリカではこんなに身近なのかとびっくり。 し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランティック

サスペンス映画。 「フランティック」(1988年アメリカ・フランス) ハリソン・フォード演じる医者は出張で妻とパリにやってくるが、ホテルから外に出かけていったと思われる妻が行方不明に。 警察に通報しても警察はやる気なし。 奥さんが空港で間違えて持ってきてしまったスーツケースの中に入っていた軍事機密を狙って奥さんが誘拐されたら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きみに読む物語

いろんなイベントがキャンセルされていて、この時期にライヴの予定がなくてよかった・・・と思ってしまう週末でした。 家でデモ作成する合間に見た映画。 「きみに読む物語」(2004年アメリカ) ベタベタな恋愛もの。 1940年代、貧しい青年ノアとお金持ちのお嬢様アリーの一夏の恋。 親から身分違いだと反対され、二人は離れ離れに。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

300

コロナウイルスパニックで今は映画館も空いてるんですかね? 録画して見た映画。 「300」(2006年アメリカ) 公開されたときに映画館で見た。 スパルタ軍300対ペルシャ軍100万の戦い。 とにかく筋肉モリモリでんがな。 昔見たときにも思ったけどManowarがサントラやったらハマりそうだ。 ペルシャ王クセルクセスが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翔んで埼玉

今月初めに見た映画。 「翔んで埼玉」(2019年日本) 何かと話題になってたやつ。テレビで放送していたのを録画して見ました。 埼玉県人が病原菌のように扱われている世界、いちいち発言や仕草が大袈裟でいかにも漫画の世界(原作の漫画は読んだことはないけど)(^^; ガクトがはまり役だった。 埼玉と東京の戦いに千葉も入ってきて、埼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インセプション

ずっと旅行記を書いてたので、やっと今月始めに見た映画の話。 「インセプション」(2010年アメリカ) レオナルド・ディカプリオや渡辺謙が出演。 夢の中に入って相手の意識を操作し、情報を盗むというスパイの話。 夢なのか現実なのか見てる方も混乱して難解だった。 しかも夢の中の夢(!?)という場合もあったりして。 訓練がで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦場のピアニスト

最近見た映画。 「戦場のピアニスト」(2002年ポーランド、フランス、ドイツ) ナチス占領下のポーランドで生き延びたピアニスト、シュピルマンの物語。 ユダヤ人のシュピルマンとその家族はゲットー(ユダヤ人居住区)に移住させられる。 日毎にナチスの暴虐がひどくなり、道端に死体が転がってても誰も気にしてないのが怖い。 車椅子の老…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特捜部Q 檻の中の女

最近見た映画。 「特捜部Q 檻の中の女」(2013年デンマーク) 日本では珍しいデンマークのサスペンス映画。もちろんデンマーク語(スウェーデン人が出てくるところはスウェーデン語)。 刑事のカールは捜査中に怪我を負い、未解決事件を整理するというQ課に回される。 そこでミレーデという女性がフェリーの中で失踪した事件が怪しいと思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!

最近見た映画。 「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!」(2017年フランス・ドイツ) ナチスが隠した金塊を見つけるっていう映画、他にもあったなあ。 そういうドキュメンタリーも見たことがあるし、あちらでは徳川埋蔵金みたいなもんですかね。 1995年のユーゴスラヴィア紛争中のサラエヴォにて、NATOのアメリカ軍人が現地の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スラムドッグ$ミリオネア

テレビでやってた映画。 「スラムドッグ$ミリオネア」(2008年イギリス) 制作はイギリスのようだけど舞台はインド。 スラムで育ったジャマールが「クイズミリオネア」に出演して大金を獲得するが、インチキを働いたんじゃないかと警察につれて行かれて尋問を受ける。 彼は本当に答えがわかって正解したのか、何かインチキをしていたのか??…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ ・インターネット

テレビでやってた映画。 「ザ ・インターネット」(1995年アメリカ) プログラマーのアンジェラが旅行先でIDを盗まれ、名前や住んでいた家まで奪われてしまう。そこでウイルスやらハッカーやら、いわゆるサイバーテロに巻き込まれていくサスペンス。 インターネットが普及し始めた頃の映画ですな。1995年ってWindows 95・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダウントン・アビー

昨日は休みだったのですが、レディースデーだったので映画を見てきました。 「ダウントン・アビー」(2019年イギリス) https://downtonabbey-movie.jp/ NHKでも放送していたイギリスのドラマ。映画化が決まって、本国では去年公開されて日本ではやらんのかーと思ってたらやっと今月公開されました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海角七号 君想う、国境の南

台湾通の高校の先生に台湾のことを聞いたらお勧めされた映画を見てみました。 「海角七号 君想う、国境の南」(2008年台湾) 台湾の南端の町、恒春が舞台。 台北でバンドをやっていたが挫折して故郷に戻ってきたアガは怪我をした郵便配達の爺さんの代わりに働くようになったが、宛先の不明の小包を見つける。 日本が敗戦して台湾から日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

用心棒

新旧日本の映画。 「用心棒」(1961年) 三船敏郎主演の黒澤映画。 宿場町にやってきた謎の浪人、桑畑三十郎が町で対立するやくざの両方に自分を用心棒に雇わないかと話を持ちかける。 チャンバラじゃなくてピストル持ってるやつがいてちょっとびっくり。 あっちの味方についたりこっちの味方についたり、騙し合いみたいなことしてるのはど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロミオとジュリエット

先月見た映画。 「ロミオとジュリエット」(1968年イタリア・イギリス) 有名なシェイクスピアの悲劇。 中世イタリアで敵対する家の娘と息子が一目惚れ、駆け落ち結婚しようとするが悲劇的な最後を迎えてしまう。 有名な話ですが、シェイクスピアは文章で読むと仰々しくて面白いかどうかは・・・なので映画で見ると分かりやすいけど、やっぱり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙戦争

先月見た映画。 「宇宙戦争」(2005年アメリカ) 原作はH.G.ウェルズのSF小説。 電磁波の嵐が起こって飛行機が落ちてきたり、各地で異常現象が起こる。 宇宙からの侵略という古典的なSFのテーマ。 我先に逃げようとする人間の心理が怖い。 宇宙生命体がなかなかグロテスクだったけど、人間がパニック起こしてながら軍隊が戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪童日記

DVDで見た映画。 「悪童日記」(2013年ハンガリー・ドイツ) アゴタ・クリストフの小説の映画化。 これが映画になっているのを知ったのは去年で、11月にDVDを買ったのだがやっと正月休みに見た。 11月に帰省したときに本が実家にあるので読み返して、その続編である「ふたりの証拠」と「第三の嘘」も続けて読み返した。 なか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more