テーマ:美術

ロンドンナショナルギャラリー展

今日はやっと再開した美術館へ。西洋美術館のロンドンナショナルギャラリー展を見に行きました。コロナ感染対策で日時指定の前売り券を買って入場するようになっています。おかげで混雑していなくて人の頭の間からやっと見えるというようなストレスがなくてよかったです。ずっとこうだったらいいのに(^^; ロンドンナショナルギャラリーには昔行ったことがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真珠の耳飾りの少女

連休も最終日。 明日からまた仕事・・・2日仕事すればまた週末なので面倒でも耐えるしかない。 休み中は近所を散歩したりはしていましたが、今日は雨なので引きこもり。 休み中は録画していた映画をたくさん見た。 「真珠の耳飾りの少女」(2003年イギリス・ルクセンブルク) 17世紀のオランダの画家フェルメールの作品「真珠の耳飾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のハマスホイとデンマーク絵画

今日は東京都美術館のハマスホイとデンマーク絵画展を見てきました。 https://artexhibition.jp/denmark2020/ 個人的にはデンマークには縁が深いけど、実は現地の美術館に行ったことがなかった・・・ ちょうど2016年の今頃にデンマークに行ってました。 19世紀中後期のデンマークの景色や人々の暮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブダペスト

今日は国立新美術館へ。 「ブダペスト ヨーロッパとハンガリーの美術400年」を見てきました。 夕方から行ったら空いていて快適でした。 https://budapest.exhn.jp/ ハンガリーの首都ブタペストにある美術館所属作品の展示で、ハンガリー出身(国がいろいろ変わってるので現在のスロヴァキアやオーストリアだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高御座と御帳台

今日は夕方から東京国立博物館で特別公開されている高御座と御帳台を見に行きました。 テレビ中継で見た人も多いはずですが、即位の礼の時に使われた天皇陛下と皇后陛下の御座です。 金曜日と土曜日は夜間に開館しているので空いている時間を狙って行きました。 昼間は入場待ちがあるようですが、夕方から夜にかけては並ばずに入れました。 高御座の展示室を見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハプスブルク展

昨日見に行った西洋美術館の「ハプスブルク展」 https://habsburg2019.jp/ ヨーロッパ史で必ず登場する「ハプスブルク家」。 13世紀にドイツやオーストリアを中心に作られた神聖ローマ帝国の皇帝を輩出した貴族です。 政略結婚によりスペインやフランス王家にまで家系が及んでいきます。 女帝マリア・テレジアの娘、マリー・ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴッホ展

今日はライヴを観に行って、夕方から上野へ。 金曜と土曜の夜は遅くまでやっているのですが、夜間は初めて来ました。 そしたら昼間より空いていて、なんで今まで夜にこなかったんだろうと思いました どうもバンド関係以外は昼前くらいから出かけるということが多くてですね・・・昼間は他の用事済ませて夜に行った方が混雑のストレスが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コートルード美術館展

今日は東京都美術館でコートルード美術館展を見てきました。 https://courtauld.jp/outline.html 1932年にイギリスの実業家サミュエル・コートールドが収集した印象派・ポスト印象派の作品を集めた研究所と美術館が創設されました。 今では世界的に有名なフランスの印象派も当時のイギリスではあまり評…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の美しい本

海野弘「世界の美しい本」 中世ヨーロッパの写本から20世紀初頭のアール・デコやモダンアートまで、装丁、挿絵、フォントの美しいアンティーク本を集めたかなりボリュームのある写真集。 そもそも昔は紙や本自体が貴重だったので豪華な作りになっていたりします。 挿絵が美しい時禱書の写本、印刷技術が発達してからの活字体の変遷など色々なも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんなのミュシャ

今日はBunkamuraミュージアムでやっている「みんなのミュシャ」展を見てきました。 ミュシャの特に有名な作品は版画(リトグラフ)なので1点ものの油絵と違ってコレクターが多いのか、あちこちでよく展示をやっている感じがします。 アール・ヌーヴォー様式と言われる花や装飾品のデザインが美しい神話に出てくるような女性の絵ですね。 女優のポスタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸猫展と松方コレクション展

台風の影響で風は強かったですが、雨も降らないので、平日に休みだと出かけないと損した気分になるので出かけました。 日本橋丸善で行われている「丸猫展」 https://honto.jp/store/news/detail_041000035575.html 絵や工芸品など様々な作家の作品の展示、販売をやっていました。 「ネコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィーン・モダン展

今日は六本木の国立新美術館へ「ウィーン・モダン展」を見に行きました。 https://artexhibition.jp/wienmodern2019/ 19世紀末から20世紀初頭のウィーンの美術品が絵画だけでなく、建築デザインや工芸品など他部門の展示がありました。 この時代はハプスブルク家のオーストリア・ハンガリー帝国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムーミン展

六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで行われているムーミン展に行ってきました。 チケットを買おうとしたら大行列!げげっと思ったらピクサー展の客でした・・・ ムーミン展の方はチケットはすぐ買えましたが、入場するのに少し並んで待ちました。 中に入ったら案の定、壁沿いに行列作って見てるので見えない(ーー; しかも細い線の小さな絵ば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トルコ至宝展

国立新美術館で行われている「トルコ至宝展」に行ってきました。 世界ふしぎ発見のトルコ特集で見て気になっていました。 https://turkey2019.exhn.jp/ 現在のトルコにあったオスマン帝国が栄華を誇った時代の美術品や宝飾品が展示されています。 トルコが原産地であるチューリップをスルタンが愛でたため、チ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィリップス・コレクション展

例年なら皇居の一般参賀に行っていましたが、今年は平成最後でいつも以上の人出になるはずなのでテレビ中継で見て満足しました(^^; それでも丸の内方面に出かけて、三菱一号館美術館へ。 フィリップス・コレクション展をやっています。 https://mimt.jp/pc/ アメリカの実業家、ダンカン・フィリップスが個人的に美術品を収…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライヴとミュシャ

今日は午前中に掃除をして、昼からライヴを見に行きました。 最近うちのバンドのメンバーが気に入って足繁くライヴに通っている「弱虫倶楽部」というバンドを見に下北沢へ。 下北沢って滅多に来ないから迷った 初めて見たバンドですが、なんとも不思議な世界というか、普段なかなか出会わないタイプのバンドで非常に興味深かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムンクへの招待

「ムンクへの招待」 ムンク展で買った本。ノルウェーの画家ムンクの生涯や作品がカラーで紹介されていて私みたいいな素人には分かりやすいです。 ムンクの有名な絵「叫び」には何種類かありますが、ここにわかりやすい説明が載っています。 https://www.artpedia.jp/work-the-scream/ ノルウェー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムンク展

今日は東京都美術館のムンク展に行ってきました。 ムンクと言えば「叫び」の絵が有名ですね。 やっぱりそれを目当ての人が多いのでしょう、すごい混雑でした(@@; 最初の部分から「叫び」まで壁に列を作ってる人の間から見る感じでしたが、「叫び」以降はそれほど混雑してませんでした。 だいたいこういう場所って前半が混雑してるんですよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤田嗣治展

東京都美術館で行われている藤田嗣治展に行ってきました。 没後50年だそうです。 http://foujita2018.jp/ 私も同じ苗字でして・・・よくある苗字なのでもちろん親戚関係はありませんが、去年パリに行ったときに友達の下宿先のフランス人に「もしかして親戚?」と聞かれました(ジョークでしょうが)。 フランス国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルーヴル美術館展

国立新美術館のルーヴル美術館展に行ってきました。 http://www.ntv.co.jp/louvre2018/ 午前中で天気が悪かったので空いてました。 大型の彫刻作品が多かったせいか、私の苦手な行列作って壁に張り付いて見てる人が少なかったのはよかったです(苦笑) ルーヴル展は過去にも何度か開催されていますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーシキン美術館展

土曜日に東京都美術館で行われているプーシキン美術館展を見てきました。 プーシキン美術館はモスクワにあります。 今回は「旅するフランス風景画」というテーマで、印象派前後の作品を中心に主にフランスの風景画のコレクションでした。 やっぱり土日は混む 最初の方はたくさんの人が壁沿いに並んでるので、後ろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねこ画展

昨日の日記の続き。 東京ドームシティGallery AaMo(どこにあるかわからず迷った)でやっている「ねこ画展」を見に行きました。 漫画「ねことじいちゃん」の絵など、可愛らしい猫の絵がたくさんありました。 ねこまき(ミューズワーク) 「ねことじいちゃん」 猫と名古屋めし 柴田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫都の国宝展

今日は目黒雅叙園の百段階段にて「猫都(にゃんと)の国宝展」を見てきました。 百段階段は以前に別の展示で行ったことがありますが、文化財としても見事な場所です。 ブラタモリでも取り上げられていましたね。 絵や造形作品など、いろんな猫アートが展示してありました。 現代の作家によるものもあれば、伝統工芸品や浮世絵もありました。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブリューゲルへの招待

「ブリューゲルへの招待」 ブリューゲル展で見つけて買った本。 朝日新聞出版がシリーズで出している初心者でもわかりやすい美術入門の本です。 内容は画家のバイオグラフィー、その時代のヨーロッパの出来事、代表作の解説など。 美術展の図録もいいけど基本的に分厚くてかさばる・・・ これはA4サイズで100ページ以下のムック本みたいな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

至上の印象派展

最近見たい美術展が多いです。 今日は国立新美術館へ。 「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」を見に行きました。 http://www.buehrle2018.jp/ ビュールレという人は1890年にドイツで生まれ、スイスで暮らしていた実業家。 美術に関心があり、印象派を中心とした絵画をコレクションしていたそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブリューゲルとプラド美術館展

今日は暖かくなりましたね。 午後から休みだったので上野の美術館へ行きました。 東京都美術館 ブリューゲル展 http://www.ntv.co.jp/brueghel/ ブリューゲルといってもピーテル・ブリューゲル1世の代からひ孫まで三世代の画家がいます。 しかもファーストネームが同じだったりするので、どれが誰の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルドルフ2世の驚異の世界展

今日は有休消化で休みだったのでチェコ親善アンバサダーで招待券をもらった「ルドルフ2世の驚異の世界展」をBunkamuraミュージアムで見てきました。 ハプスブルク家のルドルフ2世は16世紀末から17世紀初めに神聖ローマ帝国の皇帝だった人。 ハプスブルク家とか神聖ローマ帝国とか30年戦争とか、世界史で出てきたなあ・・・という程…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怖い絵展

ライヴの次の日は大体仕事に身が入らないので、今日はあらかじめ休みをとっていました。 せっかく平日休みだし土日は混んでる美術館に行こうと前々から計画を立てていたのですが、昨日のまさかの台風・・・ こりゃ月曜日も出かけられないかなと思っていたら、夜中にすごい雨風の音がしていたものの、目覚めたら風は強いものの快晴。 午後から出かけました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FEEL THE Mucha HEART

昨日は歯医者に行ったついでに青山の伊藤忠アートスクエアというところで「FEEL THE Mucha HEART ~民衆のための芸術(デザイン)とチェコへの愛~」というミュシャの展示をやっているのを知って見に行きました。 アール・ヌーヴォーといえばミュシャ、女性と花が特徴的な絵を描いていて、女優サラ・ベルナールのポスター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブリューゲル「バベルの塔」展

昨日、東京都美術館のブリューゲル「バベルの塔」展に行ってきました。 平日だったのでそんなに混雑はしていませんでしたが、平日に暇なのは高齢者ばかりか?という感じでした(^^; (私は仕事が休みだった) ネーデルラント(現在のオランダ、ベルギー、ルクセンブルクを含む地域)のブリューゲルという人は親子で画家なのでややこしいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more