劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き

今日は久しぶりに映画館へ。
「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族」を見ました。
BSでやってる「岩合光昭の世界ネコ歩き」は毎回録画保存しながら見てますが、いつもいろんな国のいろんな環境で暮らす猫の姿が愛らしいです。
劇場版は北海道の酪農の牛舎に住んでいるネコ家族とミャンマーのインレー湖の水上家屋に住むネコ家族を季節ごとに追ったもの。

140397282_10164767847705300_4247374804148992183_n.jpg

北海道の猫は20匹以上いて、牛舎ごとになわばりがあるようでケンカしている場面もありました。
子猫がいっぱい生まれててコロコロ歩いててかわいかった!(でも寒さの厳しい環境なので命を落とす子猫も・・・)
牛にも慣れていて牛の足元もちょろちょろ歩いてるけど、「踏まれるなよ~」とちょっとドキドキした(^^;
猫の家族は母猫中心でオス猫は成長すると別のなわばりを作るものなので、大きくなっても母猫にべったりのオス猫「カーショ」がちょっと面白かった。

ミャンマーのインレー湖の猫家族は母猫だけでなく父猫も一緒に暮らしている。
水に近い環境に住んでいるせいか、飼い主が漁に出るボートに一緒に乗って出かけたりするだけでなく、なんと水に飛び込んで泳ぐ!!
子猫がまだ小さいときに水に落ちてしまって親猫が助けようと前足を伸ばしてる姿がかわいかった(飼い主の男の子が助けてました)。
そんな子猫も成長したらスイスイ泳いでた。
普通の猫は水を嫌がるものだけど、やっぱり住んでる環境に順応するんですね。

どちらも自然に溶け込んでいる姿が美しかった。
こういう絵を撮るのは岩合さんならではですね。
こうやって自由に外を走り回れる猫はいいな~。
うちの猫を撮ったところで背景は狭い部屋の中にしかならなくて写真としては面白くないし(^^;
(だから素人がペット写真撮るとアップばかりになってしまうのも仕方ないですな・・・)

家でテレビ見てるときみたいに「かわいい~」とか「落ちるよ!」とか言ってしまいそうになりながら見てました(^^;
やっぱり猫大好き

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント