天使にラブソングを・・・


先週テレビでやってた映画。
ロケや撮影ができない影響で懐かしい映画をゴールデンタイムに放送するようになりましたね。

「天使にラブソングを・・・」(1992年アメリカ)

昔何度か見たことがあるけど、改めて見てもやっぱり楽しくて面白かった。
カジノの歌手デロリスはギャングの愛人で手下が殺されることろを目撃してしまい、警察に駆け込む。
身元を保護するためにデロリスは修道院にかくまわれることになるが、口も素行も悪い彼女が厳格な修道院の暮らしになじめるはずもなく文句たらたら。
聖歌隊があまりに下手だったので、デロリスが指導して賛美歌をゴスペル風にアレンジしてノリノリで歌うと、院長は眉をひそめていたが、閑散としていたミサに人が集まってきて大人気に。
すると身を隠していたはずのデロリスの居場所が突き止められ、彼女はチンピラに連れ去られてしまうが、シスターたちがカジノにやってきて救出、無事にローマ法王を迎えるコンサートで歌って大成功。

「ブルース・ブラザーズ」でも言われてたけど、シスターのあの衣装って太ってる人が着るとペンギンっぽいよな(笑)
とにかくシスターたちが楽しそうなのがいいし、デロリスの言動も面白い。
天使にラブソングをという邦題だけど、彼女たちが歌ってるのは神様に対するラブソングだよな(^^:

これの続編で使われていた曲をボイトレのクラスで歌ってたけど、ボイトレもずっと休みで忘れてしまったなあ(涙)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント