シンプル・プラン

連休中に見た映画。
イマイチだったやつ。

「シンプル・プラン」(1998年アメリカ)

雪に埋もれた森の中で3人の男が墜落した飛行機を見つける。
中には札束の入ったバッグがあった。
ハンクは警察に届け出るべきだというが、ハンクの兄貴とその友達は絶対見つかるわけがないからネコババしようという。
「誰の迷惑にもならない、もらって当然」という考えになるのがバカすぎて理解できないのだが、結局ハンクがしばらく管理しておいて、探している人が居なさそうなら3人で山分けしようということになる。
それを知った妻も良心が欠けてるのか?正直に届け出ましょうよ、なんて言うのかと思ったらネコババに協力しようとする。
飛行機が落ちている場所を他の人に知られたらまずいと隠そうとしたり、やっぱり金をよこせとか言って争いになったりで、人殺しにまで発展する・・・
同じく金に目がくらんだ奥さんが非情な計画を練り出すわ、挙句に「あんたの安月給で私も死ぬまで働いて、少しも贅沢できない生活なんてうんざりだわ!」という発言にドン引き。家庭があってささやかな幸せ・・・なんて最初に思っていたハンクの考えがぶち壊される(汗)
結局周りの人を不幸に巻き込んでいくだけという、後味の悪い話。
ほんと金の切れ目が縁の切れ目、大金は人間を変えるという典型。

「ライフ」(2017年アメリカ)

ISS(国際宇宙ステーション)が舞台。
壮大な宇宙ものかと思ったら、火星の生命体(?)のサンプルを採取して成長の実験をしていたら急成長し、乗組員を次々に襲うという「エイリアン」みたいなやつだった。
謎の生命体はイカタコ星人みたいで人間を襲うシーンはグロい。
生き残った二人が救命艇みたいなのに乗ってISSを脱出し、地球に戻ろうとするが・・・
終わり方もまさにB級。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント