2月12日(水)台南2

2月12日の続き。

さて、ご存知のように台湾は日清戦争後から1945年に日本が敗戦するまで日本の統治下にありました。
ネガティヴな面では現地民の自由が制限された植民地の時代ですが、交通、教育、医療などの社会インフラが整えられて発展したという良い面もあったため、台湾では日本統治時代を見直そうという動きが盛んだそうです。
そのため日本統治時代に建てられた建物が今も修復・改修されて官公庁や文化施設として使用されています。
洋風の重厚な作りで歴史のありそうなものはだいたいそういう建物だそうです。

呉園芸文中心
芸術文化系の施設で、庭園があります。
DSC_0101_Fotor.jpg

ブラタモリに出てきそうな溶岩みたいな岩
DSC_0103_Fotor.jpg

入り口にある建物が日本統治時代のものです。
旧台南公会堂
DSC_0098_Fotor.jpg

懐かしい感じの木造家屋があります。
元々は1912年に日本人が作った柳屋食堂でしたが、今は茶屋になっているようです。
DSC_0106_Fotor.jpg

(括弧内が日本統治時代の施設の名前です)

消防資料館(旧台南合同庁舎)
DSC_0107_Fotor.jpg

国立台湾文学館(旧台南州庁)
DSC_0108_Fotor.jpg

内部の様子
DSC_0109_Fotor.jpg

展示は台湾文学も中国語も分からないので見てません(汗)
IMG_0964.jpg


台南市美術館1館(旧警察署)
DSC_0112_Fotor.jpg

中国風の建物に戻ります。
1665年に創建された台湾最古の孔子廟。
残念ながら本殿が改修工事中だったので外から見ただけ・・・・

DSC_0125_Fotor.jpg
DSC_0113_Fotor.jpg
DSC_0122_Fotor.jpg

広い公園のようになっていて、私はひたすらリスを観察してました(笑)
DSC_0117_Fotor.jpg
DSC_0119_Fotor.jpg
DSC_0124_Fotor.jpg

ここは飲食店が並ぶ場所ですが、昼前でまだ閉まってました・・・
IMG_0968.jpg
DSC_0126_Fotor.jpg
DSC_0127_Fotor.jpg

永華宮
DSC_0130_Fotor.jpg

ガジュマルの木にぶら下げられた木の札は絵馬みたいなものでしょうか
DSC_0128_Fotor.jpg

愛国婦人会館
太平洋戦争中の婦人団体の建物ですが、今は台南創意中心という場所。
DSC_0132_Fotor.jpg

謎の萌えキャラが・・・
紹介文がなんとなく理解できますが面白い。外国人(笑)
DSC_0133_Fotor.jpg

台南地方法院
地方裁判所でしたが、今は博物館になっています。
DSC_0137_Fotor.jpg
DSC_0139_Fotor.jpg

台北にある総統府と同じ設計士、森山松之助の紹介
IMG_0975.jpg

台湾国内の色々な建物を設計した方です。
先ほどの台湾文学館(台南州庁)もそうでした。
IMG_0974.jpg

向かいにあるのは台南市美術館2館。
新しい近代建築でかなり大きいです。
こちらも日本人の設計によるものだそうです。
DSC_0136_Fotor.jpg

早めの昼飯。
肉圓というもので、餃子や小籠包みたいなものかと思ったら、中身が挽肉ではなくて結構ボリュームのある肉の塊だったので、普段あまり肉を食べない私には重かった(汗)
でもお腹にたまるし安いのでよし・・
ソースは甘め。
IMG_0977.jpg

林百貨
1932年に林百貨として開業したデパートでしたが、現在は修復されて洒落たショップが入っています。
トイレに入ったら、そこもなんだかレトロだった。
DSC_0141_Fotor.jpg
IMG_0979.jpg

林百貨のある交差点の向かいにある台湾土地銀行の建物は日本勧業銀行台南支店だったもの。
DSC_0140_Fotor.jpg

ホテルに荷物を取りに戻る前に前日に行った蝸牛巷に行ってみたら、また人懐こい猫がいました。
この近くで飼われてるんでしょうかね。

また来たのかにゃ
DSC_0143_Fotor.jpg
IMG_0980.jpg

暑いにゃー
IMG_0982.jpg

DSC_0147_Fotor.jpg
DSC_0145_Fotor.jpg

またにゃー
IMG_0983.jpg

(続く)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント