The Blood of the Kings Vol. 1

The Blood of the Kings Vol. 1

manowarbook.jpg

去年11月に発売されたManowarの公式ヒストリー本。
ハードカバーで大型、ずっしり重い!音楽も本もヘヴィなのか(笑)
移動中に読書をすることが多いけど、こんなの持ち歩けないのでやっと読み終えました(^^;

Vol.1ということで続編があるらしく、バンド結成からKings of Metal発表までの内容。
Manowarに関わってきたプロモーター、機材担当のスタッフ、音響エンジニア、初期のファンクラブ運営をやっていたジョーイの弟、アートワークを担当したケン・ケリー(RainbowのRisingも彼の作品ですよ)などのいろんな人のコメントも載っていますが、ジョーイ目線からのバンドの歴史でしょうかね。
だってロス・ザ・ボスのコメントはないし、彼がなぜバンドをやめたかも言及されていない。
でも貴重な昔の写真がいっぱい載っていて、文章もそんなに多くないので英文がよく分からなくてもファンなら楽しめます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント