丘の上の綺羅星

嘉門達夫「丘の上の綺羅星」 嘉門達夫の自伝的小説。 高校生の時に「ラジオで面白いことを喋る人になりたい」と思って落語家の笑福亭鶴光に弟子入り。「笑光」という芸名を与えられ、当時千里丘にあった毎日放送のラジオ番組「ヤングタウン」に出演するようになる。 その時のエピソードは面白いんだけど、弟子生活というのはほんと朝から晩まで雑用係…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more