丸猫展と松方コレクション展

台風の影響で風は強かったですが、雨も降らないので、平日に休みだと出かけないと損した気分になるので出かけました。

日本橋丸善で行われている「丸猫展」
https://honto.jp/store/news/detail_041000035575.html

絵や工芸品など様々な作家の作品の展示、販売をやっていました。
「ネコマチ商店街」というスペースにも猫グッズが置いてありました。
IMG_9393.jpg

銀座まで歩いてラジオで紹介されていた「デカダンス・ドゥ・ショコラ」のソフトクリームを食べた。
高級な味なのにさっぱり。美味。
IMG_9388.jpg

上野に移動して西洋美術館へ。
平日なので空いてるかと思ったら夏休み時期で観光客も多いせいか、チケット買うのに行列・・・でも中はそんなにひどい混雑ではありませんでした。
IMG_9389.jpg

松方コレクション展を見ました。
https://artexhibition.jp/matsukata2019/

1910-20年代にロンドンやパリで美術品を収集していた実業家の松方幸次郎氏。
日本に美術館を作る構想を立てていたそうですが、戦争、震災、金融恐慌などの影響でコレクションは各地に売られ、フランスに保管してあったものは第二次世界大戦中はナチスドイツの差し押さえから逃れるために大量の美術品を疎開させたりもしたものの、フランス政府により接収。ロンドンに保管されてあったものは倉庫の火事で多くが消失・・・。
戦後に美術品がフランスから日本に寄贈返還されて西洋美術館が誕生しました。

「日曜美術館」で特集を見ていたので、より興味深く見ることができました。
パリのオルセー美術館にあるゴッホの寝室の絵はもともと松方氏が買ったものですが、日本に返還されずにフランスに残されたものだそうで、今回西洋美術館にきていました。(他にもいくつかオルセーから来ていました)

印象派前後の作品が多かったですが、宗教画やロダンのブロンズ像など幅広かったです。美術館の外にあるブロンズの「地獄の門」もロダンの作品です。
IMG_9392.jpg

行方不明になっていたモネの「睡蓮」が2016年にパリで発見され、今回展示されていました。半分以上損傷しているものですが、デジタル修正された映像がありました。
「睡蓮」は個人的に好きな作品なので、こうして修復されたものを見れてよかったです。
IMG_9391.jpg

この記事へのコメント