野火

今日も戦争映画。

「野火」(2014年日本)
大岡昇平の小説の映画化。
監督と主演が同じ人ということで、低予算の自己満足のような感じだった・・・

南方の戦地、フィリピンのジャングルの中をさまよう日本兵の極限状態が本人の独白のような文章で書かれた小説なので、激しい戦闘シーンという意味の戦争ではなくて、飢えたズタボロの日本兵の生き延びるために人肉まで食らうか?という葛藤の心境をそのまま映画にするのは難しいんだろうな。

で、この映画はひたすらジャングルの中をさまよって、ほかの兵士と食べ物を奪い合ったりするだけで、敵と戦っているシーンは一切ない。
セリフがブツブツ言ってるだけで邦画なのに聞き取れなくて字幕付きで見た(苦笑)
機銃掃射でやられたりするシーンや上官を殺すシーンはやたら血が吹き飛んでグロテスクに描かれていて、B級ホラー映画みたいだった。
これもフィリピンで日本軍が体験した真実というのはまあ伝わる。(でもきっと本当はもっと凄まじかったと思う。とにかく登場人物が少ないのでこれで大勢が死んだというのはわかりにくい)
芸術映画みたいなものを目指したんだろうけど・・・映画としてはあんまり面白くない。
原作をおすすめする。

この記事へのコメント