Avantasia@赤坂Blitz

今日は赤坂Blitz(マイナビBlitz)でAvantasiaを見てきました。
Edguyのシンガー、トビアス・サメットが多彩なゲストシンガーを迎えて「メタルオペラ」を展開しているバンドです。
今回来日していたシンガーはエリック・マーティン、ジェフ・テイト、ロニー・アトキンス、ボブ・カトレイ、ヨルン・ランデ、ハービー・ラングハンズ、エイドリアン・コーワン。
伸びやかな声とサービス精神旺盛な(?)トビアスはもちろん、参加しているシンガーみんな実力派でいっぺんにこんなに見れてお得!
画像


会場に着いたらすでに自分の整理番号をすぎて入場が始まってたけど、結構前の方で見れました。
各シンガーの歌い方とか観察できてよかった(笑)

ジェフ・テイトは初めて見たけど声がよく出てたなあ(最初出てきたときにマイクがオフになってたみたいだけど)。
Queensrycheのヴォーカルが変わってからライヴで見たら凄まじくて、ジェフいらんやろとか思ってすみませんでした m(_ _)m
見た目にはプロレスラーみたいだったけど(爆)、声はすごかった。
画像


今までバッキングヴォーカルと女声パートを歌っていたアマンダが育休中らしく、エイドリアンという女性が参加しています(ヨーロッパツアーではもう一人女性シンガーがいた様子)。
見た目にはEvanescenceっぽいゴシック女子なのですが、アルバムでKreatorの人が歌っているパートを彼女がディストーションボイスで歌っていてびびった(@@;
でもキャンディス・ナイトが歌っているパートとか綺麗な声でも歌ってたし器用な人ですな~

ヨルン・ランデの声の迫力は圧倒的。
この人って歌うときにあんまり口を大きく開けないんだけど、それでもすごい声量が出てるんだよな・・・
髪の毛切ってちょっと老けて見えた(^^;
でもエリック・マーティンの方が年上らしく(笑)、初めて運転した車でMr. Bigを聞いてたとかそんな話をしてた。
(漫才か!みたいな二人でした)
画像


画像


そのエリック・マーティンはなんか見ると安心する、相変わらずよく喋る人(笑)
Mr. Bigでは武道館だからこういう小さめの会場で見れるってある意味貴重。
新作に入ってたカヴァー曲のManiac(映画「フラッシュダンス」で使われてる曲)がはまってた。
画像


ロニー・アトキンスは一番ステージングがメタル然としてかっこいい。
この人は歌うときに顔にすごく力が入りますな(^^;
画像


画像


ボブ・カトレイは大御所だとは思ってたけど、70歳超えてるのか!
情感豊かな歌声を聞かせてくれました。
歌うときの手の動きが指揮者みたい。
画像


長尺でドラマティックな曲が多いので、ほんとメタルオペラという言い方がふさわしい、3時間の密度の濃いライヴでとても盛り上がりました(近くに乱暴な客もいなくてよかった)。
最後の曲で全員がステージに立っていたのは壮観だったなあ・・・
私もAvantasiaで歌ってみたい(無理)。
画像


画像


ドラムセットの前にガラスの仕切りがあって、最後の曲の時だけ撤去されてたのはなんだったんだろう?

開演待ちを合わせて4時間近く立ちっぱなしは足腰ガクガクでしたが楽しいライヴでした!

この手のスピードメタル系の音楽ってヨーロッパや日本では人気があっても北米ではイマイチ受けない印象なんだけど、このあとオーストラリアとアメリカも行くようです。
こういうライヴってなんか「祭り」みたいなもので、次の祭りはまた数年後かな(^^;
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント