12月9日(土)Manowar@Jahrhunderthalle

すっかり旅行記&ライヴレポートが滞ってましたが、Manowarのフランクフルト公演2日目です。

Frankfurt Höchst駅から会場のJahrhunderthalleまでバスで行けることを知って、この日はバスで行くことにしました。
5分しかかからないはずなのに、道がすごく渋滞してて全く動かない・・・
バス停にたどどりつく前にドアを開けてもらって降りて歩く人(ライヴに行く人ではない)もいた。
渋滞はイライラするけど、ライヴに間に合いそうにないわけではないので我慢(^^;
やっと会場に着いたら土曜日だからか昨日よりも開場待ちの行列が長い。
でもチケットオフィス前には誰もいなかった(汗)
やっぱり招待券待ちの人はそんなに早く来てもあまり意味がないと思ったのか(^^;
しばらくしたら知ってる顔が集まり出したので、チケットオフィス前で一緒に待っていた。
私たちが「早く開けろー」とばかりにドアの前でたむろしてるのにオフィスのお姉さんは「悪いけど7時まで待ってねー」とニコニコと対応していて、「彼女はすごい忍耐力がある」「でも裏では泣いてるかも」なんて話をしていました(笑)
画像


無料チケットと書いてある
画像


7時前にチケットを発行してもらって、ゲートが開くのを待っていたら、昨日はゲストの入り口の方が先に開いたので今日は一般客の方が先に開いた・・・どころかゲストの方は開けてくれない!(係員がよくわかっていなかったらしい)
一般客がダッシュで会場になだれ込むのを見ながら、「何さらしとんじゃワレ早く開けんかコラ」と関西弁で怒鳴りはしませんが、周りから開けろーとブーイング。
一足遅れて開けてもらって、ダッシュで会場に走って行く人に追いつけるわけもなく中へ。。。
今回はVIPパスを持ってる人が昨日より多かったらしくすでに最前列はほぼ埋まっていた。
でも気を利かせて「背が低いから入れてあげてー」と言ってくれた人がいたので、なんとかねじ込ませてもらいました(^^;
昨日とほぼ同じ場所、ギタリストのカールの前。
やっぱりコートを預けられなかったので仕方なく腰に巻いておきました(汗)

開演まで1時間半待ち。
すると日本から見に来ることを知っていた顔見知りのバンドマンに声をかけられた(^^;
なんかこんな場所で会うのは変な感じ(笑)
終演後の集合写真にも日の丸持って写ってましたね!

開演待ちは暇なので早く始まってほしいけど、今日で最後かもしれないと思うとなんだか悲しい。
しかし始まってみると単純に楽しんでしまう(爆)
後ろから横から押し合いへし合いながら異常な興奮。

Setlist:
1. Manowar
2. Blood of My Enemies
3. Metal Warriors
4. Brothers of Metal Pt. 1
5. Mountains
6. Fallen Brothers - Karl's Solo
7. Herz Aus Stahl
8. Secret of Steel
9. Spirit Horse of the Cherokee
10. Call to Arms
11. Sons of Odin
12. Kings of Metal
13. Sting of the Bumblebee
14. Joey's Speech
15. Fighting the World
16. Kill With Power
17. Sign of the Hammer
18. The Power
19. Battle Hymn
20. Warriors of the World United
21. Hail and Kill
22. Black Wind, Fire and Steel
(closing SE) The Crown and the Ring (Lament of the Kings)

セットリストは1日目と同じ。
東京で2日やったときみたいに1曲くらい変えるかと思ったら変えなかった・・・
同じだからつまらないとは言わないけど、何か1曲でも違う曲があった方がよかったな(^^;
(Sons of Odinは他の曲でもいいんじゃないかと・・・個人的な好みですが)
演奏はやはりタイトでヘヴィ、エリックのヴォーカルは凄まじい、会場の熱気も半端じゃない!
感想は基本的に前日のレポートと同じです(^^;
「今日も同じやつらが最前列にいる」なんてエリックやカールに思われたのではないだろうか(爆)
この二人は笑顔で楽しんでる感じがいい。ジョーイは厳しい顔してるけど、これも彼の役作りだと思う。
昨日よりも時間が経つのがすごく早く感じた。え、もうBattle Hymnやるのか!?
終わってしまう!!と思ってしまった。

少し違ったところは、ジョーイが「ズドーン、ズドーン」と地響きさせながら登場してするのではなくて普通に出てきてMCを始め、それをスタッフがスマホで撮影しながらFacebookのライヴ配信をやり始めたところ(ManowarのFacebookページで見れます)。
「世界中に聞かせてやれ、Manowarが嫌いな奴にはFuck you!」と客にfuck youコールをさせるというそんな内容です(^^;

今日もFighting the Worldの始めの部分は客に歌わせてたので、これは毎回やってることなのかも?
そしてKill with PowerやHail & Killの異常な盛り上がり。
この会場の一体感はすごい!

おきまりの Black Wind, Fire and Steelでジョーイがベースの弦を引きちぎって(最後の弦が昨日も今日もうまく引きちぎれなかったみたいで難儀してた)おしまい。
(弦もらった人は大事にしましょうね~)
爆音を浴びながらあっという間に過ぎた2時間だった。
いつもエリックが最後に"We will return!"と言うけど、これは昨日も今日も言わなかった・・・。
それがやはり最後という意味を示しているようで寂しい。
2019年(来年の2018年かと思ったら再来年かい!)のジョーイのトークショーなるものの日程が発表されてるけど、その前にこのツアーの第二弾を他の国でもやってほしいわ・・・
フォト

興奮冷めやらぬ中、終演後の記念撮影に混じってみる
画像


充実感と虚脱感が入り混じった気分(@@;
昨日のライヴ見てる時もいろんな思い出が駆け巡ったけど、本当にManowarを最初に聞いた時はこんなにはまるとは思わなかったなあ。。。
熱心なファンだったけど離れていった人もいたっけなあ・・・
それでもやっぱり熱心なファンってのはいるんだよなあ。

私は歌い手として、音楽やる人間として、彼らの影響を音楽的に受けてるとは思わないけど(好きで聞くのと自分で創作するものは違うのですよ、少なくとも私の場合)、我が道を行くブレない鋼鉄の精神っていうのは大いに影響を受けた・・・というか憧れる。
あれこれ批判を受けることも多いバンドだけに、本当にメンタルが鋼鉄並みに強くないとやっていけないだろうな。
ジョーイ先生、すごいです・・・

あーあ、終わってしまった・・・と気が抜けた気分で会場を出ようと歩いていると、こっちにおいでというように手招きするドイツ人のにーちゃんがいて、最初は私に対して言ってるんじゃないと思ってたけど、どうも私に言ってるみたいで、「??」と思ってると、
一緒に帰ろうみたいに2、3人連れに囲まれる。
昨日と同じくホテルのバーで顔見知りの人たちと集まる予定だったので、そこに行く人なのか?と思って一緒に外に出て歩いていると、どうやら違うみたい?
Where are you going?と聞いても、へらへら笑いながらドイツ語で何やら言っててわからない。
どうやら単なる酔っ払いで近くにいた私に声をかけただけのようで、「キャンピングカーで一緒にパーティしよう!」みたいなことを言っているようでした(爆)
私はホテルで友達と待ち合わせてしてるからごめんねーと言って酔っ払い達とは別れてバス停に向かいました(^^;

ちょうどバスが目的地のホテルの前に停まるルートだったので、難なくホテルに到着。
バーに入るとすでにたくさん人がいて、今日も私はコーヒーで乾杯
それにしてもこんなにいろんな国の人が集まるなんて、オリンピックかManowarのライヴくらいだな(笑)
ブルガリア人のファンに「Manowarがもし日本に行くなら日本に見に行きたい、ブルガリアに来るときは君がブルガリアに来い」と言われ、謎の協定(?)を交わす。
実際にブルガリアには行ってみたいなー。

日本語でカンパイ!と乾杯していると、アメリカのテキサスから来た人が「日本語で知ってる言葉がある、アサメシマエ!」と言い出す(笑)
なんでそんな言葉知ってるんだ!?と聞いたら、昔日本人と一緒に働いていて教えてもらったらしい。
なんでまたそんな言葉なんだ(^^;
しかも他に知ってる言葉が「ゴマスリ」とか「コノヤロー」(爆)
日本に来て知らない人にコノヤローとか言ったらダメですよ(笑)

一緒に話をしていたデンマーク人が「日本語で知ってる言葉なんて「ウサギ」だけだよ」と言っていたけど、アニメのキャラクターかなんかで知ったらしい(^^;
私もデンマーク語で知ってる言葉はpinsvin(ハリネズミ)だから似たようなものか(笑)

アメリカ、イギリス、デンマーク、日本の混合チーム
画像


誰も「これでManowar見るの最後なのか~」なんてしんみりした話はしていなかった。
考えると悲しいからあえてしないのかも・・・。
ライヴが最後なら各国のファンの人たちと会うことも最後になるかもしれないし、あまり深く考えたくないことだな(汗)
まだドイツで3公演残っているので(最後の2公演はメンバーの体調不良で結局延期になりましたが)、しばらくドイツに滞在するというアメリカ人がいて羨ましかった。
帰りたくないよー!!

1時頃には眠くなってきたのでその場にいた人たちにお別れの挨拶をして自分のホテルに戻りました。
最後と言わずにまた一緒にManowarのライヴ見て楽しみたいな
All hail Manowar, hail brothers and sisters of metal...never say never!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント