12月8日(金)Mainz

朝は晴れていたのにすっかり曇り空になったマインツに到着。
ここも駅の中も前もクリスマス仕様。
午前中から外でビール飲んでる人の気が知れない(^^;
画像


画像


駅から中心部まで迷いながら歩く(Googleのナビゲーションがわかりにくい・・・)
しかも途中でおばちゃんにドイツ語で道を聞かれる(^^;
カメラぶら下げて歩いてる東洋人にわかるわけないがな、すんません。。。
広場ごとにクリスマスマーケットがありました。
画像


中心部の広場に到着。かなり盛大にクリスマスマーケットが開かれていました。
画像


画像


画像


マインツは活版印刷を発明したグーテンベルクの出身地で博物館があります。
画像


広場には迫力のある大聖堂がありますが、クリスマスマーケットに圧倒されているような気もしました(^^;
画像


画像


画像


キリスト誕生の場面
画像


画像


クリスマスマーケットはいろんなものが売っていてとても賑やかで楽しいです。
際限なくあれこれ欲しくなります(笑)
画像


画像


シュニーバル(雪玉という意味)というお菓子。
ロマンチック街道のローテンブルク名物のクッキー生地にチョコレートをコーティングしたお菓子です。いろんな種類がある!
画像


チョコレートをコーティングしたフルーツ。動物の形とかあって可愛い。
画像


入浴剤や石鹸の店。猫の石鹸欲しかったなー
画像


ハチミツ製品のお店。キャンドルもハチミツでできています。
石鹸、ハンドクリーム、キャンディなどもあって、ハチミツ製品の詰め合わせを買いました。
画像


お店を見て歩いてたら、雨が降ってきたので大聖堂の中に入ることにしました

大聖堂の回廊
画像
 

中庭
画像


大聖堂の内部
975年に起工されたもの。
画像


画像


画像


画像


外に出たら晴れていた。
ドイツ特有のクリスマスのタワー。
画像


ケーキなどのスイーツを売っているお店でパイを買って食べました。
温めてバナナクリームをつけて食べます。中身やシナモンとドライフルーツがたっぷり。
画像


色々と目移りしますが、お土産用のお菓子を買いました。
これはレープクーヘンというクリスマスの飾り用のお菓子。クーヘンというのはケーキという意味ですが、どっちかというとクッキーっぽい。
動物、ツリー、ハート型とかいろんな形のものがあってカラフルです。
画像


こちらはクリスマス時期に限らずやっていると思われる野菜や果物のマーケット。
画像


かなり大きな柿(kaki fruitと書いてあった)もありました。
画像


次はザンクト・シュテファン教会へ。
元々は990年に起工されたが、第二次世界大戦で破壊されたものは戦後に再建されたもの。
画像


見所は画家のマルク・シャガールが手がけたステンドグラス。
宝石のような青が美しいです。
画像


画像


画像


画像


シャガールのデザイン画
画像


そしてマインツ駅に戻ろうとしたのですが、ここで道に迷う(汗)
Googleマップのナビゲーションが回り道を指定しているような気がしたのだが??
なんか人通りのないきつい坂道とか車専用の大きな道とか指定されて、やっとのことで駅に到着・・・。
フランクフルト方面の電車を待っていたらまさかの遅延。
なんとか電車に乗り込んで、フランクフルト中央駅まで行って、Sバーンを乗り換えようとしたら、同じホームに違う行き先の電車が来るので間違えて乗ってしまい、もと来た方向に戻る電車だった(大汗)。
それがフランクフルト空港に止まるので、そこで降りてバスに乗ってホテルに戻ろうと思って急いでバス停に行って待ってもバスが全然来ない!
焦って駅に戻ったらちょうど電車が出たところ・・・次の電車を持っていたらまたも遅延している(--;;
結局電車を乗り継いでホテルに帰りましたが、もっと早く帰れたはずがマインツから結局1時間以上かかって外も暗い4時半頃でした・・・無駄に疲れた(涙)

ホテルでゆっくりする時間もなく、荷物を軽くしてライヴ会場に向かいました
もうすでに開場待ちしている人が集まってるらしい!?急げー!

(続く)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント