Orimuh武勇伝

アクセスカウンタ

zoom RSS ノラや

<<   作成日時 : 2018/06/26 22:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

内田百闖W成9「ノラや」

内田百閧フ「猫もの」短編を集めた本。
最初の方に載ってた話は「この人あんまり猫好きじゃないのでは?」と思った。
後の方に載っていた話の中で「猫が好きなのではなくノラやクル(飼っていた猫の名前)が可愛くて好きだったのだ」というようなことが書いてあった。

野良猫が生んだ子供が家に住み着いたので「ノラ」と名付けて可愛がっていた内田百閨B
「彼ハ猫デアル」でそのノラが登場し、「ノラや」でも可愛がっている様子が日記のように書かれているのだが、ある日ノラが出かけて行ってそのまま帰ってこなくなる。
そうなると毎日ノラのかわいい様子を思い出しては泣き、夢の中にノラが出てきては泣き・・・という辛い内容になっていく。

新聞の折り込み広告にノラを探しているチラシを出し、連絡がいくつもくるのだが、どれもノラではなかった。
ノラがいつも寝ていた風呂桶のふたの上の座布団に顔を埋めて「ノラやノラや」と泣くという・・・ほんと読んでいて辛い
これが自分ちの猫だったらと思うといたたまれない。

何ヶ月もノラの行方が知れないまま、ノラに似た猫が家にやってくるようになり、餌付けしているうちに住み着いてしまい、「クルツ(クル)」と名付ける。
「猫の耳の秋風」や「クルやお前か」は、クルとの日常が書かれている。
しかしクルは病気で死んでしまう。これまたかわいそう。。。

微笑ましいエピソードもあったけど悲しい内容が多かった

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノラや Orimuh武勇伝/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる