Orimuh武勇伝

アクセスカウンタ

zoom RSS Live in Wacken

<<   作成日時 : 2017/07/27 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Unisonic "Live in Wacken"

マイケル・キスク、カイ・ハンセン、Pink Cream 69のメンバーなどによるバンド、Unisonicが去年Wacken Open Airに出演したときのライヴCD&DVDです。
マイケル・キスクの歌が凄まじく、まさにスタジオ録音CDのまま!
いやーすごい声量とコントロール力だわ。高いところでも全然ヨレないし。
Helloweenの曲もやってますが、フェイクが一切なくて昔と全く変わらないパワーみなぎるハイトーンに鳥肌が立つわ・・・。

キスクはMCでドイツ語喋ってて、"Mr, Kai Hansen"、"Helloween song"、"19 Jahren" というのしか聞き取れないのですが、「カイ・ハンセンが19年前に作ったHelloweenの曲」とかそんなことを言ってるんでしょうか。ドイツ語わかる人教えてください(^^;
(DVDで字幕を期待したけどMCの部分はカットされてた)

それにしてもベースのデニス・ワードの風貌が変わりすぎてメンバー変わったのかと思った(@@;
白髪の髭もじゃでどこの教授ですか?と思った・・・

"Unisonic"



このインタヴュー映像ではいつものデニスの姿なんですが・・・
ちなみにドラムのコスタはバンドのマネージャーもやっていて、このときのライヴを最後に裏方業に専念するためミュージシャンとしては引退したそうです。



キスクは相変わらずマシュマロマンみたいというかアメリカで売ってる赤ちゃんの人形みたいというか(笑)、見た目はゆるキャラっぽいですが声の存在感はものすごい。
こうやって高い声を出して、速い曲を演奏してワンステージやるのってもはやスポーツだなと思った(笑)
それにしてもフェスティヴァルの雰囲気はいいな。
最近はWackenのオンライン中継とかもやってて、行ったような気にもなれるんだろうけどやっぱり本場の雰囲気には変えられないもんな。
今は海外にフェス見にいくのも随分ハードルが下がったけど、私が2004年に初めてWacken Open Airに行った時は情報収集が大変だった(^^:
でもまたフェスには行きたい!

夏場はヨーロッパ各地で大規模な野外ロックフェスをやっていて、こういうのの映像を見るたびにステージが広すぎて前後左右のメンバー同士の間のスペースがものすごく広くて、ちょっと広いスタジオに入ってもひとかたまりなってしまうような小物としては(苦笑)、あんなに離れてると荒野にポツンと取り残されたようで(でも目の前にはものすごい人の数!)不安になりそうです(^^;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Live in Wacken Orimuh武勇伝/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる